プロフィール

  • 山崎広文(やまざき ひろふみ)
  • 2月生まれ
  • 東京都出身
  • 好きなこと、神社巡り、読書、富士登山、ランニング、武道

わたしは、真剣に、大真面目です

富士山の「浅間神社」「新屋山神社」には
月に1度、お客様の招福祈願を願い必ず行かせていただいています。

幼少期

5歳の頃、父親の経営していた印刷会社が倒産し両親は離婚。
母の実家、福島県郡山市で母親、弟と過ごすも7歳で父親の住む東京へ1人引き取られる。
4畳半風呂なし、電話なしという貧困生活が待っていた。

東京に上京後は少年野球に没頭するも試練の連続だった。

・赤痢で2週間病院に隔離
・交通事故で右足に100針の大怪我で40日の入院
・栄養失調

思いかえせば
とても貴重な経験をさせてもらいました
ハングリー精神を手に入れることができた幼少期

ラッキーな経験でした

2008年独立、そして2010年 春に。。。

2008年に法人を立ち上げ、夢を追う半ば途中から

2010年の春、
その日わたしは、人ごみの中を、あてもなく浮遊していました。
腫れた目から、涙は1粒も残らず出し切っていました。

独立して2年目、不渡り・裏切り、を経験をしました。
倒産するか、このまま逃亡しようか、恐怖と不安という檻の中にいました。

この時、
すでに「心の病」におかされていました。

東京豊島区池袋で目的無く浮遊していた時
ある革雑貨店の前で足が止まりました。

目に飛び込んできた光
それが金色の財布との出会いでした。

ガラス越しに輝くゴールドの財布を見た瞬間、「すごい!」
感情が、魂が、根こそぎ揺さぶられた感覚でした。

時間を忘れるほど金色の財布を無心で眺めていました。

帰宅後も、次の日も、金色の財布が頭から離れませんでした。

現金がなかったため、無理して分割で購入しました。

思い返せば
眩しいほどの輝きを放つ金色財布に、心の癒しを求めていたかもしれません。

それ以来、
毎日毎日、金色の財布を見ていました。

すると、徐々にある感情の変化がおきました。

もう一度、
会社を立て直し、自分もこの財布のように「輝きたい」


起業当初の熱い夢を語っていた頃のような、
魂が震えるような力強い感情が湧きあがってきました。

仏像や神社、お寺の装飾品にも使用されてるゴールド
金色には強い縁起も感じ、みるみる金色の魅力に惹かれていきました。

運を考えるキッカケ

その後は
すべてを犠牲にする覚悟でガムシャラに働きました。

経営者、アスリートをたくさん観察しました。
言動、行動、振る舞い、パクリまくりました

時に、一回りも年齢が下の方にも笑われ、後ろ指をさされ、
嫌な噂話が耳に入っても、決めたことをブレることなく、
とにかく諦めませんでした。

良いと言われること、迷うことなく取り入れました。

そんな時、
成功者達のある共通点に気づきました。

それは複数の経営者から頂いた助言でした。

「運を掴め!」

そうです。
皆が「」を意識していたことでした。

運とマーケティングを考える日々

マーケティングの勉強に加え

「運」についても考えるようになり
精神性にも拘ってきました

・修験道(荒行)
・風水学
・先祖供養

・神社、お寺巡り


三重院での荒行は過酷なものでしたが、人生転機の1つになりました。

ビジネスで欲しい成果を考えるとき全てに大きな意味を探します。
そして個々を結びつけてみます。

・マーケティング
消費者の欲求、苦しみを解決、軽減するための技術として
時代に沿った考え、市場、行動心理などを学ぶこと。

・風水(運)
見えない力も借りて(信じて)
職場の環境に良い運を運ぶこと、運を引き寄せること、
運の力も借りて欲しい成果により早く、より確実に近づく。

・金色
金色の色彩効果を無意識に受け取り、心、感情を良い状態に保つ。
内面のバランスを保ち、良い精神状態で仕事に打ち込むこと。
ゴールドは縁起をふんだんに感じるカラーです。

この3つの考え
これらをこう思っています

スポーツ論で良く聞く「心技体」
これに似ています

つまり

ビジネスでの「心技体」

=感情をコントロールし、確実性の高いビジネス判断をする
=マーケティング知識、ノウハウを全体構造から考える
=社運を引き寄せる職場環境を、風水をも巻き込み整える

このビジネスでの「心技体」3つが、
点から線に繋がるイメージで
ビジネスの成功率がより高くなる考えです

これが、わたしのスタイルです。

悩む経営者さん、事業主さんに
わたしの経験から得たことをお話しすること

それこそが、今の役割と思っています

勇気を出して
問い合わせフォームから悩みを聞かせてくださいね(^_-)

奉仕活動

現在は売上金の一部を社会貢献に役立てたいことから
わずかながら奉仕活動が出来るようになりました。

facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100018640414785