プロフィール

  • 山崎広文(やまざき ひろふみ)
  • 2月生まれ
  • 東京都出身
  • 内閣府認定 公益社団法人 色彩検定協会正会員
  • NPO法人日本心理カウンセラー協会正会員
  • 好きなこと、神社巡り、読書、ランニング、武道

わたしは、真剣に、大真面目です

富士山の「浅間神社」「新屋山神社」には
月に1度、お客様の招福祈願を願い必ず行かせていただいています。

金色の開運グッズの「あり方」を追求しています。

金運アイテムや財布を変えればお金が増えるという魔法を使うことはできません。
金色(ゴールド)の開運グッズで意識に変化が起き行動を変え習慣を変えること。
人生がより豊になる近道の1つのアイテムと考えています。


運を呼び込んでいる楽天の三木谷さんと

 

幼少期

5歳の頃、父親の経営していた印刷会社が倒産し両親は離婚。
母の実家、福島県郡山市で母親、弟と過ごすも7歳で父親の住む東京へ1人引き取られる。
4畳半風呂なし、電話なしという貧困生活が待っていた。

東京に上京後は少年野球に没頭するも試練の連続だった。

・赤痢で2週間病院に隔離
・交通事故で40日の入院
・栄養失調

思いかえせば
とても貴重な経験をさせてもらいました
ハングリー精神を手に入れることができた幼少期

今となればラッキーな幼少期でした

2008年 会社設立

設立2年目までは不渡り・騙され・裏切られ。
孤独でカネなし、信用なし、人脈なしのスタートを切る。

その後はすべてを犠牲にする覚悟でガムシャラに働きました。

経営者さん、成功者さんをたくさん観察しました。
言動、行動、振る舞い、パクリまくって休みなくとにかく働きました。

良いと言われることを、やり続けました。
先祖供養、神社、お寺巡り、風水、縁起を強く意識していました。

人の道を外れかけ、迷って、悩んで、苦しみ
10年前くらい前の話ですが、修験道で自分探しもしました


三重院での荒行は過酷なものでしたが、人生転機の1つになりました。

運を考えるキッカケ

成功者といわれる方々は皆、運を口にしていました。

こうも言われました
「ビジネスで成功したければ運を逃すな!」

その日から
どうしたら運が良くなるのだろうとひたすら考えていた時期です。

生きてきた環境に平等を感じなかった過去。
しかしながら、運を引き寄せることは皆、平等だと知りました。

今では「運を受け入れる準備」さえできれば誰でも幸せになれる。
全てはあなたの心の中にあるのです。

金色(ゴールド)に惹かれる

運を意識していたある日、金色の財布との出会いました。

華やかに輝くゴールドの財布を見た瞬間、心ときめいた記憶があります。

そして不思議な感情に包まれました。
「自信」「ゆとり」

それ以来、金色が自分のラッキーカラーになりました。
金色には強い縁起も感じ、みるみるゴールドの魅力に惹かれていきました。

運について、大事なことに気づくことができました
「金色」のおかげで「運」「自信」を手に入れることが出来ました。

そんな経験を同じように苦しんでいる経営者、事業主さんの為にお話ししたい
今後も必要としてくださる方のために行動し続けたい。

ただただ、それだけです。

奉仕活動

現在は売上金の一部を社会貢献に役立てたいことから
わずかながら奉仕活動が出来るようになりました。

facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100018640414785